神経伝達の確実性

脳の仕組み ⇒ 脳とは何か ⇒ 神経伝達の確実性


脳とは何か



神経伝達にも曖昧性がある

血液脳関門 ←|→ 交叉支配と脳梁


◆ 賛成と反対、賛成だけれど反対 





シナプス間隙は、僅か20〜30ナノメートルしがないのですが、イオン反応による信号はこの間隙を飛び越える事が出来ません。


その為、電気信号の代わりにシナプス小胞から出された神経伝達物質が信号を送ります。


しかし、化学反応である、神経伝達物質と神経伝達物質レセプターの作用によって信号を受継ぐ以上、曖昧性が生じます。


つまり、他から来た物質であってもレセプターに作用して信号を発したり、別の物質がレセプターを刺激して本来の信号を阻止したり出来ます。


麻薬や覚醒剤というのは、この仕組みを使って気持ち良く感じさせたり、幻覚を見せたり、脳内で様々な細工を施す物です。


1つの神経体の樹状突起に複数の神経細胞からの軸索が結合している事が多く、ある軸索Aが活動電位を与え様としても、別の軸索Bは活動電位を起こさない様にするかも知れません。


これは脳内の多数決です。


こうした、シナプス後細胞のレセプターに働きかけて作用する神経伝達物質の内、生物は自力で脳内に作り出すものをリガンドと呼びます。


脳内では作り出せませんが、レセプターと適合し作用させる外来物質をアゴニストと言います。


アゴニストとは逆に、レセプターとは適合するが何もしないものを、アンタゴニストと言います。


一番有名なアンタゴニストは河豚毒のテトロドトキシンです。



関連記事


脳があれば心も有る-脳と心

脳の働きが停止すると心の働きもなくなってしまい、不安や喜び、悲しみの感情もなくなる。 だから心は脳に宿っていると言える。 では、脳を持っている動物には心は有るか?と言う疑問が出て来る。 動物の心についての研究もされているが、未だハッキリと仕組みが解っていない。
大脳表面は大脳皮質

大脳の見た目の特長はシワ。シワは大脳の表面を覆っていて大脳皮質(だいのうひしつ)と呼ばれ、厚さは2〜3mm。 シワを伸ばして平らに広げると新聞紙1面(1,600平方センチメートル)と同じ広さ。 このシワはネズミにはほとんど無くてネコには少し、人間など霊長類になるとシワだらけ。
大脳皮質の内側構造

大脳皮質の心棒の様な脳幹を取り囲む様にした大脳辺縁系と呼ばれる領域がある。 大脳皮質は大脳新皮質と呼ばれ人が知能を増す毎に増えてきた部分。 大脳の奥深い基底部に位置する辺りに大きな核が幾つか見られるのが基底核。 大脳辺縁系に囲まれて脊髄へと繋がっているの幹の様な組織が脳幹。
神経細胞と普通の細胞との違い

脳を構成する神経細胞とグリア細胞のうち、主役は神経細胞でニューロンと呼ばれ、胎児期に急速に細胞分裂して増加する。 胎児期の9ヶ月目位で増殖が停止する。 この段階では神経細胞数は成人よりも多い。が、その後神経細胞の約半数が死滅する。 神経細胞同士は互いに情報を交換しているが、情報交換相手が見付からなかった細胞が死滅する。
人は脳の1割しか使っていない??

人の脳を本格的に研究しだした初期の頃、脳には神経細胞が1割で、残り9割はそれとは別の細胞である事が解りました。 別の細胞はグリア細胞と呼ばれ、何をしているのかが解りませんでした。 この内容が伝播して行く内に、「人は脳細胞の1割しか使っていない」に内容が変化してしまいました。 この細胞は情報伝達には直接関わらないが、電気を通さない絶縁体の働き、神経細胞に栄養を運搬、神経細胞周囲の掃除、など神経細胞をサポートしている。
賛成と反対、賛成だけれど反対

シナプス間隙は、僅か20〜30ナノメートルしがないのですが、イオン反応による信号はこの間隙を飛び越える事が出来ません。 その為、電気信号の代わりにシナプス小胞から出された神経伝達物質が信号を送ります。 しかし、化学反応である、神経伝達物質と神経伝達物質レセプターの作用によって信号を受継ぐ以上、曖昧性が生じます。