触覚と脳の仕組み

脳の仕組み ⇒ 感覚と脳 ⇒ 触覚と脳


感覚と脳



触覚は皮膚全体で感じる感覚

味覚と味は少し違う ←|→ 痛みの感覚と脳


◆ 触覚の感覚器官は皮膚全体


触覚というのは、何かに触ったり、触られてりした時感じる感覚。


触覚の感覚器官は皮膚全体があたり、成人の場合には1.8平方メートルが皮膚面積。


この広いスペースが感覚と入り口となっている。





皮膚には感覚を受け止める触点があり、その下に感覚器が存在している。


マイスナー小体、パチニ小体、メルケル盤、毛包受容器、ルフィニ終末や自由神経終末など・・。


何かに触った場合には、触ったところから細胞が変形して行く。それぞれの役目は次の通りとなっている。


パチニ小体:触った場合に最初に反応


マイスナー小体:触った皮膚が変形して行く速度を把握


マルケル盤:軽く押された感覚を把握


ルフィニ終末:皮膚が引っ張られる感覚を把握


毛包受容器:毛の傾きの変化を把握


これらの感覚器で捕らえられた情報は電気信号に変換され、脊髄、視床を経て大脳皮質の体性感覚野に伝達される。


体性感覚野のおいて、何かに触ったとか、ザラザラしている、硬いものに触ったなどを認識している。


触覚と脳の仕組み