嗅覚は特別扱いで伝わる

脳の仕組み ⇒ 感覚と脳 ⇒ 嗅覚は特別扱いで伝わる


感覚と脳



臭いと思った時には既に鼻の中

嗅覚と脳 ←|→ 味覚と脳




◆ 臭いを感じるまでの仕組み 


臭いの正体は空気中を漂う化学物質(臭い分子)だとされています。


鼻の中の嗅細胞が臭いの元となる化学物質を捉え、刺激を大脳辺縁系の1部である嗅球へ伝達し、さらに大脳の嗅覚野へ伝え、そこで認識されます。


人の嗅細胞は2千万〜5千万個存在します。それぞれ反応できる化学物質とは1対1の関係にあり、約400種に分類されています。


臭いのバリエーションはこれらの刺激の組み合わせによって生み出されています。


また、嗅細胞の数の分布状況などは個人差があるので、特定の臭いに敏感な人や鈍感な人もいます。


嗅覚の特長としては、視覚や聴覚などの感覚に比べて脳へ伝わるルートが特種で有る事が挙げられます。


嗅覚以外の感覚は間脳の視床を経由して脳の中のそれぞれの場所へと伝達されて処理されるのですが、嗅覚だけは視床を経由せずにダイレクトに嗅覚野へと伝達されます。


何故、嗅覚だけが特別扱いになっているのか、正確な理由は解っていません。


野生動物が本能的な行動判断をするために嗅覚が重要な働きをしている事に関係していると考えられています。


また、嗅覚は記憶を司る「海馬」を経由して伝わる為、より記憶に結び付きやすいとも言われます。


嗅覚は特別扱いで伝わる