尾状核とバイリンガル

脳の仕組み ⇒ 記憶・本能 ⇒ 尾状核とバイリンガル


記憶・本能



2つの言語間のスイッチ

思考と言語 ←|→ 忘れて当然の脳


◆ 言語をスイッチで切り替えている脳 





ある技能を身に付けるのに相応しい時期を感受性期と言います。


例えば、発音を聞き分ける能力の感受性期は生後半年から1年です。


日本人が苦手とするRの発音は、生後半年から1年くらいの間は日本人の赤ん坊も聞き分けている事が解っています。


第二言語を取得する感受性期は様々なテストで、文法獲得の感受性期は7歳をピークに徐々に衰えて行くことが確認されています。


では、母国語と第二言語では、脳の同じ部位が使われているのでしょうか。


MRIを利用して血流動態反応を可視化する実験で、10歳以降に第二言語を習得した人は、使う言語によってブローカ領野の活動領域が別である事が確認されています。


しかし、バイリンガルの人が脳損傷によって失語症になった時、両方の言語が同時に話せなくなるなど、かなりの部分で同じ部位の働きで言語を使っているらしい事も解っています。


また別の実験では、大脳基底核の中で、左側の尾状核が活発に活動していることが確認されました。


左側の尾状核が、言語の切り替えスイッチと考えられています。


ただし、言語中枢が右脳にある人も、左側の尾状核が、言語の切り替えスイッチで有るかどうかについては不明です。


2つの言語間のスイッチ