忘れて当然の脳

脳の仕組み ⇒ 記憶・本能 ⇒ 忘れて当然の脳


記憶・本能



何度も思い返す記憶は残る記憶

尾状核とバイリンガル ←|→ 脳の本質は忘れる事


◆ 記憶は反芻することで長期的な記憶として残る 


人間、小さい頃の楽しい思い出や、恐怖体験などは、何十年経っても良く覚えています。


しかし、特別な日でもない、3ヵ月前の夕食のメニューなどを、いちいち覚えている人は余りいません。


古い記憶が鮮明に残っていたり、少し前なのにすっかり忘れていたり、人間の記憶には、何故扱いの差があるのでしょうか。


人間の記憶力は、基本的にそれほど長く持続しません。


晴れがましい記憶や嬉しい記憶、また悲しい記憶やショキングが出来事の記憶は、長く覚えていますが、それは、経験後に何回も何回も自分で記憶を反芻して、覚える努力をしているから長期的な記憶として残ります。


記憶は、はじめはワーキングメモリと呼ばれる、今注目しているものに対して使う、極めて小さい記憶エリアに格納されます。


しかし、ワーキングメモリは数字7つ分程度の容量しか無く、次の事を考え始めると、もう何処かに追い出されて忘れてしまいます。


これを、長期の記憶ぬする為には、先ず海馬に残される近時記憶にしなくてはなりません。


近時記憶では1時間後には半分以上忘れてしまいますから、試験前に英単語を覚える様に何度も何度も唱えなおし、思い返すことで、記憶を更新して印象を深くします。


これを精緻化リハーサルと言います。


リハーサルを繰り返すことで、記憶は印象深い言葉として残ります。


そして、長い時間をかけて脳が睡眠中に行う記憶の整理を経て長期記憶として固定されます。


不要な記憶が消えて行くのは、不要情報で溢れた脳は、必要情報を探し出すにに手間がかかり、且つ新たな情報の記憶にも効率が悪いからです。


長期的な記憶として残る「反芻」


関連記事


記憶は2種類ある

記憶は脳の能力では欠かせない物だが、記憶には体で覚える「手続き記憶」と脳で覚える「陳述記憶」の2つがある。
手続き記憶とは、自転車乗り方、スケートの滑り方、楽器の演奏など、体で覚えこみ、そのやり方を意識しないで思い出せる記憶のこと。
陳述記憶とは脳で覚えて、覚えている内容を言葉で表現したり、絵などで表現したり、意識的に表現できる記憶のこと。
人の顔は何故覚えられるのか

赤ん坊は母親の顔が近づくと笑顔で喜ぶ。
未だ大脳皮質が発達していないのに何故なんだろうと思った事は無いだろうか。 生まれて間もないのに既に母親と他人の顔を識別している。 また、大人でもAさんとBさんの顔を識別していて間違える事が無い。 でもネコや犬の顔は大人でも識別が難しい。これは何故なのだろうか?
言語を理解する仕組み

人間は人間の声に、猿は猿の鳴き声に反応して意味を読み取るように出来ています。
そこで働くのが、言語中枢、ウェルニケ領野、ブローカ領野です。 言葉の理解は主にウェルニケ領野を中心とした感覚性言語中枢で行われ、単語を構成する一連の音の記憶と照合されて、意味を判断します。 ブローカ領野は言葉を話す時の筋肉の動きを統制する中枢です。
記憶はどんどん変化して行く

エピソード記憶である人間の経験は、書き下ろされた小説の様に纏まってはいません。 エピソードを構成する1つ1つの部品を意味記憶として脳神経に格納し、エピソード記憶自身は、それを繋ぐ神経経路の地図として形作られます。 最初は、1つのエピソード記憶の最少構成要素である意味記憶を海馬へ移送します。 しかし、それは1度では完成せず、1ヶ月から2年程度かかる作業になります。
食べなさいと命令する脳

食欲をコントロールしているのが視床下部。 ここには物を食べなさいと命令する「摂食中枢」と、食べるのを止めなさいと命令する「満腹中枢」がある。 摂食中枢を刺激すると働きは活発になり、破壊すると命令が出なくなる為、幾ら空腹でも食べなくなってしまう。 ネズミの実験で摂食中枢を破壊してみると、幾ら空腹でも食べない。空腹で死んでしまうが、それでも食べない。